修学旅行やツアーなどに共に行き怪我や病気の応急処置

修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
既婚で子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤がない職場を求めています。
病院ではないところで働くには、そこで求められる専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
全国での看護師年収は平均437万円程度です。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料UP率も民間病院より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
看護師は、16時間などの当直により長い拘束時間となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
勤め先の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れが抜けにくかったりするのも、離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。
看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校卒業の方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年させられるそうです。
そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験も合格できた人には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。
看護師の資格を手にするには、何通りかの道があるのです。
看護師免許を手にするためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。
受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して学ぶことが必要だというわけです。