全国での看護師年収は平均437万円程度で

全国での看護師年収は平均437万円程度です。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給料のアップ率も民間病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。
準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊な体制であり、勤め先によっても変わります。
現場では一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれていることが多いです。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方が人気があります。
看護師国家試験に合格するよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと思う人も多いといわれています。
看護学校はかなり厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年だそうです。
それほど厳しい学校を卒業し、国家試験にも受かった人には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
産業看護師とは一般企業に勤務する看護師です。
看護師といったら病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室が置かれている企業もあり、そういう場所で働く人もいます。
仕事の内容や役目は勤務先ごとに違いますが、従業員の健康を守って、管理していくのは必ず行う仕事になるでしょう。
看護師の国家試験は、1年に1度行われます。
看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには良いことに、直近数年の看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を推移しています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な国家試験です。