全国において看護師の年収は平均し

全国において、看護師の年収は平均して437万円くらいです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高く、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師です。
看護師と聞くと病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室を置く会社もあり、そういう場所に勤務する人もいます。
具体的な仕事、その果たす役割は働く会社により、様々ですが、社員達の健康を維持し、管理することは基本的な仕事と考えてください。
看護師の働き先といえば、病院と考えるのがオーソドックスでしょう。
しかし、看護師の資格を使える職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所において保健師と連携し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の仕事です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
看護師の転職で失敗しないためには、未来のことを考えて迅速に行動することが重要です。
そして、どんな条件を重要視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。
将来どうなりたいかをきっちりと考え、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ集めてください。
年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件も考慮しておきましよう。
看護師になるための国家試験は、1年に1回あります。
看護師不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を保っています。
看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準以上であれば合格を勝ち取ることのできる試験です。