全国において看護師の年収は平均すると437万円ほ

全国において、看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給料のアップ率も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
産業看護師とは一般企業に勤務する看護師のことを指します。
看護師といわれると病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。
具体的な仕事内容やその役目は働く会社により、様々ですが、従業員の健康を守り、管理することは基本的な仕事と考えてください。
看護師国家試験に受かるよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。
看護学校はかなり厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させてしまうようです。
厳しい学校を卒業して、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
看護師は、16時間などの当直により長い拘束時間となっていて、仕事中に仮眠をとることが可能です。
国の指針では、月に8回までとされていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
仕事をしている病院の勤務形態では、生活がとても不規則になってしまったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一部と思われます。
高校に入った時点で衛生看護科で勉強を始めると、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても変更は困難です。
さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、試験までの期間が短いために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに簡単には試験に合格できないという面もあるようです。