全国の看護師年収は平均437万円程度です。ですが国

全国の看護師年収は平均437万円程度です。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給料が上がる率も民間病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。
準看護師だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
看護師の資格を得るためには、何通りかの道があるでしょう。
看護師免許を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、すぐに受験することは認められません。
試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して学ぶことが必要なのです。
修学旅行やツアーなどに随行して、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。
結婚していて、子供のいる人は土日が休みになっていたり、夜勤がないという職場を希望しているものです。
病院ではないところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。
看護師になるための国家試験は、年に1度あります。
看護師の人数の不足が深刻になっているわが国にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を推移しています。
看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をクリアできれば合格可能な試験です。
産業看護師とは一般企業に勤務する看護師のことをいいます。
看護師と聞けば病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室が置かれている企業もあり、そこで仕事をしている人もいます。
具体的な仕事内容やその役目は働く会社により、様々ですが、従業員の健康を守り、管理することは必ず行う仕事になるでしょう。