全国の看護師年収は平均すると437

全国の看護師年収は平均すると、437万円くらいです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。
準看護師の場合ですと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針で定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、過労になりやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつと考えられます。
看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師です。
看護師といえば病院、クリニックの印象が強いですが、医務室が置かれている企業もあり、そういう場所に勤務する人もいます。
仕事の中身、役割といったことは働く会社によって異なりますが、従業員の健康を守って、管理していくのは必ず行う仕事になるでしょう。
看護師が上手く転職するためには、将来のことを思い描いて迅速に行動を起こす必要があります。
そして、どんな条件を重要視するのかを決めておく方がいいでしょう。
将来どうなりたいかをきっちりと考え、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めるようにしましょう。
給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。
昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは広がってきているのです。
加えて、大会社になると看護師は医務室にもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを手がけています。
このような時は、この会社の正社員として入社することもあることでしょう。