日本での看護師の年収は平均437万円程度です

日本での看護師の年収は平均437万円程度です。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。
準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。
看護士を目指す理由は本当にどんなことをきっかけにして看護師になろうと思ったのかを入れたら印象が良くなるはずです。
転職の際の志望動機はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。
以前の職場への批判などは口にしないほうがいいです。
看護師の資格を手にするには、何通りかの道があります。
看護師免許を手にするためには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは受験できません。
受験資格を手にするために看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護を学ぶことが必要なのです。
看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度催されます。
看護師の人数の不足が深刻になっている日本にとっては良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は約90%と非常に高い水準を推移しています。
看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をクリアできれば合格可能な試験です。
看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較するとかなり特殊であり、その上に職場によっても変わってきます。
体制は一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いでしょう。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を導入している病院が多いのです。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。