日本での看護師の年収は平均437万円程度です。です

日本での看護師の年収は平均437万円程度です。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間より高く、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。
看護士だと、求人はたくさんありますが、希望に沿う条件での求人が存在するとは限りません。
看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。
できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと思っている方が多いでしょう。
希望通りの病院などに転職するには、情報収集が重要になるのです。
世の中の高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は広がってきているのです。
それだけでなく、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを手がけています。
このような事例の場合は、その企業の社員として入社するといったこともありえるでしょう。
看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1度行われます。
看護師の人数の不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、直近数年の看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを推移しています。
看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格可能な国家試験です。
修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
結婚して子持ちの人は土日が休みになっていたり、夜勤が求められない職場を希望しているものです。
病院ではないところで働くのであれば、そこで求められる専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。