日本全国の看護師の年収は平均する

日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給料のアップ率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合だと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
看護師の夜勤は、16時間などの長時間の勤務となっているので、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。
勤めている病院の勤務シフトによっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、過労になりやすいのも、長続きしない看護師が多い理由の一つかもしれません。
高齢化社会が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが広がってきているのです。
さらに、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを手がけています。
このような事例の場合は、社員としてその会社に入社することもあることでしょう。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健指導をしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワークで見つけようとするのは無理かもしれません。
興味のある方は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。
そういうサイトなら、産業看護師の募集も多数紹介されています。
看護師の資格を得るためには、何通りかのパターンが考えられます。
看護師の資格を取るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。
試験を受けるためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について勉強する必要があるのです。