産業看護師とは一般企業に勤務する看護師

産業看護師とは一般企業に勤務する看護師です。
看護師といわれると病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室が置かれている企業もあり、そういう場所に勤務する人もいます。
仕事の中身、役割といったことは働く会社によって異なりますが、従業員の健康を守って、管理していくのは基本的な仕事と考えてください。
看護師免許を取るには、何通りかのパターンが考えられます。
看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。
試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護に関して学ぶことが必要です。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べるとかなり特殊であり、その上に職場によっても違います。
職場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているというケースが多いでしょう。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、かなり3交代制の病院が多いですね。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制を望む看護師も多いです。
産業看護師は働く人の健康のために保健の指導やうつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワークなどで見つけるのはほとんど不可能です。
興味がある場合は看護師専用転職サイトを利用してください。
そういったサイトでは、産業看護師の求人も多数紹介されています。
看護師が上手く転職するためには、将来のことを思い描いて早めに行動することが重要です。
そして、どんな条件を重要視するのかを決めておくのがオススメです。
未来の自分の姿を明確に思い描いて、その希望に合った転職先の情報を集めてください。
給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考慮しておきましよう。