産業看護師は働く人の健康のために保健の指導などをし

産業看護師は働く人の健康のために保健の指導などをしたり、うつ病防止のメンタルケアも行います。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのは無理かもしれません。
興味がある人は看護師転職サイトを活用してください。
転職サイトでは産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。
看護師は、16時間などの当直により長い時間の勤務となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
国の指針では、月に8回までとされていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
勤めている病院の勤務シフトによっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が長続きしない理由のひとつだと思われます。
看護師の国家試験は、年に1度あります。
看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を持ち続けています。
看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な国家試験です。
看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊である上に職場によっても違ってきます。
仕事場においては一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているという病院が大半です。
2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制を望む看護師も多いです。
看護師の国家試験に合格することよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年してしまうようです。
厳しい学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方には、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。