産業看護師は働く人の健康のために保健指導とかうつ

産業看護師は働く人の健康のために保健指導とかうつ病防止のメンタルケアも行います。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、職業紹介所で見つけるのは難しいでしょう。
興味を持った人は看護師専用の転職HPを利用してください。
転職サイトでは産業看護師の募集もたくさん掲載されています。
修学旅行やツアーなどに連れ添って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。
既婚で子供のいる人は土日に休むことができたり、夜勤がない職場を望んでいます。
病院ではないところで働くのであれば、そこで求められる専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとることが可能です。
国の指針により月に8回までと定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活を送れなくなったり、体調を崩しやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつと考えられます。
看護師となるための国家試験は、1年に1回あります。
看護師の人数の不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率はおよそ90%とかなり高い水準を示し続けています。
看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格できる国家試験です。
日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給料のアップ率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合ですと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。