看護師が転職をするには将来のことを思い描

看護師が転職をするには、将来のことを思い描いて迅速に行動することが重要です。
また、どんな点を重視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。
将来の自分の姿を明確にして、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。
給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もリストアップしておきましょう。
日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給料のアップ率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
看護師国家試験に受かるよりも、断然、看護学校を卒業する方が困難だと思う人も少なくありません。
看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年させられるそうです。
それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。
修学旅行やツアーなどについていって、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。
結婚して子持ちの人は土日に休むことができたり、夜勤が求められない職場を望んでいるものです。
病院以外の場所で働くのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。
看護師の勤務しているところといえば、病院という考えがオーソドックスでしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所で保健師の方と連携して、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の役目です。
それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行います。