看護師が転職をするには将来の自分のことを想像して早

看護師が転職をするには、将来の自分のことを想像して早めに行動を起こすことが大切です。
それから、どんな点が大切なのかを決めておく方がいいでしょう。
将来の自分の姿を明確にして、その希望が叶えられそうな転職先の情報を集めるようにしましょう。
年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件もリストアップしておきましょう。
全国において、看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均593万円ほどになるのです。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高く、福利厚生の点も充実しています。
準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
産業看護師とは一般企業で働く看護師を指します。
看護師といったら病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室を置く会社もあり、そこで働いている人もいます。
具体的な仕事、その果たす役割は勤務する会社によって色々ですが、従業員の健康を守り、管理することはどの企業でも行う仕事と思ってください。
看護師の働き先といえば、病院と考えるのが一般の考えでしょう。
しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にも多々あります。
保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の務めです。
また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。
看護師免許を得るには、何通りかの道が挙げられます。
看護師免許を取得するには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは受験できません。
試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して勉強することが必要なのです。