看護師になるための国家試験は年に1度催されます

看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。
看護師不足が深刻になっている日本にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保っています。
看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格を勝ち取ることのできる試験です。
看護師の勤めているところといえば、病院という考えが普通でしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも様々あります。
保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の仕事です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は増加傾向にあるのです。
それに、大手の会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しています。
このような事例の場合は、その会社組織の社員として入社をすることもありえるでしょう。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても違います。
現場では一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれている場合が多いでしょう。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。
ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制を望む看護師も多いです。
産業看護師は健康に働けるように従業員に保健指導をしたり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。
産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、職業紹介所で見つけるのはほぼ不可能です。
興味がある場合は看護師転職サイトを活用してください。
看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども多数紹介されています。