看護師の働き先といえば病院という想像がオーソド

看護師の働き先といえば、病院という想像がオーソドックスでしょう。
しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の職務です。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師です。
看護師と聞くと病院、クリニックの印象が強いですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所で働く人もいます。
具体的な仕事内容やその役目は勤務先ごとに違いますが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは必ず行う仕事になるでしょう。
看護師国家試験に受かるよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が難しいと感じる人も多いのです。
看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年だそうです。
そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も合格できた人には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、勤務中の仮眠が取れます。
国の指針により月に8回までと定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。
修学旅行やツアーなどに一緒に行って、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。
結婚していて、子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤なしの職場を希望しているものです。
病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。