看護師の勤め先といえば病院という

看護師の勤め先といえば、病院という想像が一般的でしょう。
しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
現代は高齢化が進んで、福祉施設であっても看護師のニーズは増してきているのです。
さらに、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しております。
このような事例の場合は、社員としてその会社に入社することもあるでしょう。
看護師国家試験に合格するよりも、看護学校卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。
看護学校はかなり厳しく、レポートの提出が遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年してしまうようです。
それほど厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。
看護師の夜勤は、16時間などの長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとることが可能です。
月に8回までと国の指針では定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。
勤めている病院の勤務シフトによっては、生活がとても不規則になってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、離職する看護師が多い理由の一つかもしれません。
看護士を目指す理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すようになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。
転職の時の理由は今までに培ったスキルを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。
前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないことが大事です。