看護師の勤め先といえば病院と想像するのが普通

看護師の勤め先といえば、病院と想像するのが普通でしょう。
しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所において保健師と連携し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の役割です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
全国の看護師年収は平均して437万円くらいです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間より高く、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合だと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師をいいます。
看護師といわれると病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室を置く会社もあり、そういう場所で働く人もいます。
具体的な仕事、その果たす役割は働く会社によって異なりますが、従業員の健康を守り、管理することは基本的な仕事と考えてください。
看護師の資格を手にするには、何通りかのパターンが挙げられます。
看護師免許を手にするためには、国家試験を受ける必要がありますが、すぐに受験することは認められません。
試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について学習することが必要なのです。
高齢化が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは多くなってきているのです。
それだけでなく、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを実施しています。
こういったケースは、社員としてその会社に入社することもあることでしょう。