看護師の勤め先といえば病院と考えるのが妥当でしょ

看護師の勤め先といえば、病院と考えるのが妥当でしょう。
しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも様々あります。
保健所において保健師と連携し、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の職務です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。
看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊であり、その上に職場によっても変わってきます。
仕事場においては一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。
看護士の求人情報は何件もありますが、希望通りの条件の求人があるとは限らないものです。
看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。
なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと思う人が多いはずです。
望み通りのところに転職するには、情報収集が重要になるのです。
看護師の夜勤は、16時間などの長い拘束時間となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
国の指針では、月に8回までとされていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。
仕事をしている病院の勤務形態では、とても不規則な生活を送るようになったり、体調を崩しやすいのも、長続きしない看護師が多い理由のひとつと考えられます。
看護師の資格を得るためには、何通りかの道が挙げられます。
看護師免許を手にするためには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなりは受験できません。
試験を受けるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について勉強することが必要です。