看護師の勤務しているところといえば病院という想

看護師の勤務しているところといえば、病院という想像が一般の考えでしょう。
ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所では、保健師と連携し、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の役割です。
また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
高校に進むときに衛生看護科を選ぶと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。
しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは簡単ではありません。
さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、短い準備期間のために試験に向けた勉強や実習が不足するために合格が困難という側面もあります。
看護師になるための国家試験は、1年に1回あります。
看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには喜ばしいことに、直近数年の看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を保っています。
看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格できる国家試験です。
看護師の転職を成功させるには、未来のことを考え、迅速に行動を起こす必要があります。
さらに、何を重点的に考えるのかを決めておくのがオススメです。
将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに沿った転職先の情報を少しずつ収集してください。
年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も挙げておきましょう。
全国での看護師年収は平均すると、437万円くらいです。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。