看護師の勤務体制は他の職種に比べるとかなり特殊であ

看護師の勤務体制は、他の職種に比べるとかなり特殊であり、その上に職場によっても違ってきます。
体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護師も多いです。
産業看護師とは一般企業に勤務する看護師をいいます。
看護師といえば病院、クリニックの印象が強いですが、医務室を設置している会社もあって、そういう場所に勤務している人もいます。
仕事の中身や役割は働く会社により、様々ですが、社員達の健康を維持し、管理することは必ず行う仕事になるでしょう。
看護師の国家試験に合格することよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年してしまうようです。
それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。
看護師が上手く転職するためには、将来のことを思い描いて迅速に行動することが重要です。
また、どんな点を重視するのかを決めておくのがオススメです。
将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ収集してください。
年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件もリストアップしておきましょう。
全国での看護師年収は平均すると、437万円ほどです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。
公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。