看護師の勤務状態は異業種と比較してかな

看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊であり、その上に職場によっても異なってきます。
現場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。
2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
産業看護師とは一般企業に勤務する看護師です。
看護師と聞けば病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務する人もいます。
具体的な仕事、その果たす役割は勤務会社により多様ですが、従業員の健康を守って、管理していくのは必ずすることだと思います。
看護師の勤務しているところといえば、病院という考えが普通でしょう。
しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所では、保健師と連携し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役目です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。
結婚して子持ちの人は土日が休みになっていたり、夜勤がない職場を希望しています。
病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。
看護師の国家試験は、1年に1回あります。
看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後とかなり高い水準を推移しています。
看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な国家試験です。