看護師の国家試験にパスするよりも看護学校を無事に

看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと思う人も多いといわれています。
看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させてしまうようです。
それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験にも受かった人には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。
看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度あります。
看護師不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を持ち続けています。
看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができればパスできる試験です。
看護師の勤め先といえば、病院という考えがオーソドックスでしょう。
しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも様々あります。
保健所において保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大概の医療行為を看護師が行います。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導などをしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは無理かもしれません。
興味がある人は看護師専用の転職HPを利用してください。
転職サイトでは産業看護師の募集も多数紹介されています。
修学旅行やツアーなどに一緒に行って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。
子供のいる既婚者は土日に休めたり、夜勤がないという職場を希望しているものです。
病院ではないところで働くのであれば、そこで求められる専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。