看護師の国家試験に受かることよりも看護学校の卒

看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校の卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。
看護学校はそれほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させられるそうです。
厳しい学校を卒業して、国家試験にも受かった人には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。
準看護師の場合ですと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。
高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは拡大してきているのです。
加えて、大会社になると医務室等にも看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを手がけています。
こういった場合には、この会社の正社員として入社することもあるでしょう。
産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健指導とかうつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、職業案内所で見つけるのは難しいでしょう。
興味を持たれた方は看護師転職サイトを活用してください。
そういうサイトなら、産業看護師の募集もたくさん掲載されています。
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
月に8回までと国の指針で定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、過労になりやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。