看護師の国家試験に合格することよりも看護学校卒

看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。
看護学校はかなり厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年してしまうようです。
それほど厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。
昨今は高齢化社会が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが多くなってきているのです。
それだけでなく、大きな会社になると看護師は医務室にもいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しています。
こういったケースは、社員としてその会社に入社することもあるようです。
看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてかなり特殊であり、その上に職場によっても違ってきます。
現場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。
2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制を望む看護師も多いです。
全国での看護師年収は平均して437万円ほどです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給料UP率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
高校に入った時点で衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。
でも、在学中に進路を変更したくなっても変更は困難です。
それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、短い準備期間のために勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格が難しいという欠点もあるでしょう。