看護師の国家試験は年に1度あります。看護師の人数の

看護師の国家試験は、年に1度あります。
看護師の人数の不足が深刻になっているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を保っています。
看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格可能な国家試験です。
高校進学時点で進学先が衛生看護科だと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは大変です。
また、最低5年で試験を受けられますが、短い準備期間のために試験勉強や実習が不足して合格が困難という側面もあります。
看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較するとかなり特殊な上に、職場によっても変わってきます。
現場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっていることが多いです。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
全国での看護師年収は平均して437万円ほどです。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高く、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合ですと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
看護師の資格を手にするには、何通りかのコースがあるのです。
看護師免許を得るためには、国家試験を受ける必要がありますが、突然、試験を受けることは認められていません。
試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について勉強する必要があるのです。