看護師の場合勤務の形態が他の職業に比べて特殊な体

看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊な体制であり、勤め先によっても変わります。
一般に、2交代制か3交代制のシフトで回しているというケースが多いでしょう。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、かなり3交代制の病院が多いですね。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。
看護師の転職で失敗しないためには、未来のことを考え、迅速に行動することが大切です。
それから、どんな点が大切なのかを決めておくことをお勧めします。
将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。
年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件もピックアップしておきましょう。
看護師の資格を取るには、何通りかの道すじが考えられます。
看護師免許を取得するには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなりは受験できません。
試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護に関して勉強することが必要です。
日本全国の看護師の年収は平均して437万円くらいです。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給料のアップ率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
看護師の勤め先といえば、病院という考えが普通でしょう。
しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院の他にも色々とあります。
保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の役割です。
それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。