看護師の当直が16時間などにおよぶ長時

看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間の勤務となっているので、勤務中でも仮眠をとることが可能です。
国の指針により月に8回までと定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。
仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活ができなくなったり、疲れが抜けにくかったりするのも、長続きしない看護師が多い理由のひとつと考えられます。
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊である上に職場によっても変わってきます。
体制は一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという病院が大半です。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。
しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。
看護師国家試験に合格するよりも、看護学校の卒業の方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年させられるそうです。
そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験も見事に合格した方には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。
全国の看護師年収は平均すると、437万円ほどです。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合ですと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
高校に入った時点で衛生看護科に進むと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、最速で看護師になれるでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても変更は困難です。
また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、短い準備期間のために試験勉強や実習が不足して合格するのが難しいともいえます。