看護師の職場といえば病院と想像す

看護師の職場といえば、病院と想像するのが普通でしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の職務です。
また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行います。
看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較するとかなり特殊であり、その上に職場によっても異なってきます。
仕事場においては一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれていることが多いです。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制を望む看護師も多いです。
看護師国家試験に合格するよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。
看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出が遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年させられるそうです。
厳しい学校を卒業して、国家試験も合格できた人には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
高齢化が進み、看護師は福祉施設でも需要が増してきているのです。
それだけでなく、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を行っております。
こういった場合には、その企業の社員として入社するといったこともあることでしょう。
産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健について指導したり、うつ病防止のメンタルケアも行います。
産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、職業案内所で見つけるのは無理かもしれません。
興味がある場合は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。
そういうサイトなら、産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。