看護師の職場といえば病院と考えるの

看護師の職場といえば、病院と考えるのがオーソドックスでしょう。
しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にも様々あります。
保健所において保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。
また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。
看護士だと、求人はたくさんありますが、望んでいる条件の求人があるとは限らないものです。
看護師資格を持つ方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。
できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいと思っている方が多いでしょう。
求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要になるのです。
日本での看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健について指導したり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。
産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワークで見つけようとするのは無理かもしれません。
興味がある場合は看護師専用の転職HPを利用してください。
転職サイトなら産業看護師の求人もたくさん掲載されています。
修学旅行やツアーなどに一緒に行って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。
結婚していて、子供がいたりする人は土日を休みにできたり、夜勤が求められない職場を希望しているものです。
病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。