看護師の資格を取るための国家試験は1年に1

看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1度行われます。
看護師不足が深刻になっている日本にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を推移しています。
看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定のラインを超過できれば合格可能な試験です。
看護師の資格を取るには、何通りかの道すじがあるのです。
看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなりは受験できません。
試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について勉強することが必要だというわけです。
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊な体制であり、勤め先によっても違ってきます。
一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
高齢化が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは多くなってきているのです。
また、大手の会社になると医務室等にも看護師がいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しております。
このような時は、その会社組織の社員として入社をすることもあるようです。
看護師の夜勤は、16時間などの長時間勤務となっていて、仕事中に仮眠をとることが可能です。
国の指針により月に8回までと定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
病院における看護師の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になる人が多いのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつだと思われます。