看護師の資格を取るには何通りかの道すじがある

看護師の資格を取るには、何通りかの道すじがあるでしょう。
看護師免許を取得するには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、すぐに受験することは認められません。
試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護に関して勉強するという条件があります。
修学旅行やツアーなどに共に行き、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。
結婚していて、子供がいたりする人は土日に休めたり、夜勤をしなくてもいい職場を求めています。
病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
看護師の職場といえば、病院と考えるのが一般的でしょう。
ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも様々あります。
保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の職務です。
それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べるとかなり特殊な上に、職場によっても違ってきます。
職場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという病院が大半です。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、かなり3交代制の病院が多いですね。
ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制の方が人気があります。
看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針で定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
働いている病院の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、過労になる人が多いのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつだと思われます。