看護師の転職を成功させるには未来のことを考

看護師の転職を成功させるには、未来のことを考え、早めに行動を起こすことが大切です。
また、どんな点を重視するのかを決めておく方がいいでしょう。
将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望が叶えられそうな転職先の情報を集めてください。
給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件もリストアップしておきましょう。
全国において、看護師の年収は平均して437万円ほどです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。
公務員看護師は給料のアップ率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
看護師の資格を取るには、何通りかの道すじがあるでしょう。
看護師の資格を取るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。
試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護について学習することが必要です。
高校に入った時点で衛生看護科で勉強を始めると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても進路を変えるのは簡単なことではありません。
また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、準備期間が足りないために勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格するのが難しいともいえます。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
月に8回までと国の指針では定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。
勤めている病院の勤務シフトによっては、生活がとても不規則になってしまったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師を辞める割合が高い理由の一つかもしれません。