看護師は16時間などの当直により長

看護師は、16時間などの当直により長時間勤務となっていて、仕事中に仮眠をとることが可能です。
月に8回までと国の指針では定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。
勤めている病院の勤務シフトによっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、体調を崩しやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつと考えられます。
看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊であり、その上に職場によっても違ってきます。
職場では一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているという病院が大半です。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気があります。
看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度開催されます。
看護師不足が深刻になっている日本のためには良いことに、直近数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を示し続けています。
看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格を勝ち取ることのできる試験です。
高齢化社会が進み、看護師は福祉施設でも需要が増加傾向にあるのです。
それに、大手の会社になると看護師は医務室にもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを実施しております。
このようなケースは、この会社の正社員として入社することもあるでしょう。
看護師の資格を取るには、何通りかの道があります。
看護師の資格を取るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。
受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護を学ぶという条件があります。