看護師免許を取るには何通りかのコースがあ

看護師免許を取るには、何通りかのコースがあるでしょう。
看護師免許を取るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは受験できません。
試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護を学ぶことが必要です。
看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと感じる人も多いのです。
看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年だそうです。
厳しい学校を卒業して、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
全国での看護師年収は平均して437万円くらいです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。
準看護師だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊である上に職場によっても違ってきます。
一般に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いでしょう。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。
ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制の方が人気があります。
看護士だと、求人はたくさんありますが、希望通りの条件の求人があるとは限らないものです。
看護師の資格を持っている方でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。
できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がないところに勤めたいとほとんどの方が思っています。
希望に合う勤め先に転職するためには、情報の収集が重要になります。