看護師国家試験に受かるよりも看護学校卒

看護師国家試験に受かるよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。
看護学校はかなり厳しく、レポートの提出が遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。
それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。
看護師の働き先といえば、病院と考えるのが妥当でしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも多々あります。
保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の務めです。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてかなり特殊であり、その上に職場によっても変わります。
職場では一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているというケースが多いでしょう。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。
看護師免許を取るには、何通りかのコースが挙げられます。
看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、突然、試験を受けることは認められていません。
試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護に関して学ぶことが必要だというわけです。
看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望通りの条件の求人があるとは言えません。
看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。
可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいとほとんどの方が思っています。
求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要です。