看護師国家試験に合格するよりも看護学校の

看護師国家試験に合格するよりも、看護学校の卒業の方が困難という人も多いです。
看護学校はそれほど厳しく、レポートの提出が遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。
そういう厳格な学校を卒業して、国家試験にも受かった人には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
看護士だと、求人はたくさんありますが、希望通りの条件の求人がある訳ではありません。
看護師の資格を持っている方でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。
できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと大抵の方が思っているでしょう。
希望通りの病院などに転職するには、たくさんの情報を収集することが大切です。
日本での看護師の年収は平均して437万円ほどです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。
準看護師だと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
結婚していて、子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤がない職場を求めています。
病院ではないところで働くには、そこで求められる専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。
国の指針により月に8回までと定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
仕事をしている病院の勤務形態では、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由の一つかもしれません。