肌荒れ時に化粧するのは迷いますよね。コス

肌荒れ時に化粧するのは、迷いますよね。
コスメ、化粧品の使用方法にも肌に異常があるときは使わないでくださいと書いてあることが多いです。
でも、UV対策だけはしておくことが重要です。
化粧下地や粉おしろいといったものを軽く塗っておく方が良いです。
そして、可能な限り紫外線を避ける生活を送りたいものです。
私自身、乾燥タイプの肌質なので、しっとりと潤った肌作りのために化粧水にはこだわりがあります。
化粧水にはとろみのあるものを使っているので、洗顔の後、化粧水、1本でも十分なほど潤って、かなりのお気に入りです。
化粧水というものはあまりケチケチせず十分につけるのがコツではないかと思います。
常日頃、長風呂が好きな私ですがお肌の乾燥対策のために、常時洗顔後は急いで化粧水をつけてから、ゆったりと入浴を楽しんでいます。
でも、真冬のシーズンは化粧水を塗っただけでは入浴後の乾燥が気になるので、化粧水の後に保湿美容液もまんべんなく塗って入浴を続けていますが、これを実際に行うようになってから乾燥が大幅に改善されつつあります。
ニキビができる理由のひとつに、乾燥も含まれます。
原因は肌の余分な油脂なんじゃないの?と驚いている人も多いかもしれません。
もちろん、余分な油脂がせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつではありますが、だからといって過剰に油脂を落としすぎると、今度は肌が乾燥しすぎて、それがニキビができるもととなってしまします。
なぜニキビが出来るのかは、ホルモンの過剰な分泌にあるのではないかと言われています。
ですから、伸び盛りに人それぞれにあります。
その一つが、睡眠時間をきっちりと守る事です。
そうすると、健康的な日常にも繋がります。